大岡越前2 あらすじ 5話 - 2014 秋ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

大岡越前2 あらすじ 5話

大岡越前2 あらすじ 5話

東山紀之版「大岡越前」シリーズ第2弾

10月31日(金)は5話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

大岡越前2 あらすじ 5話をお届けいたします。

江戸で評判の「幾世餅」。

その販売権をめぐり、新規の椿屋と元祖の
三好屋がしのぎを削っている。

その争いは江戸の風紀を乱すまでになっていた。

椿屋夫婦に幾世餅の販売を勧めたのは、
実は吉宗(平岳大)であった。

そんなこともあり、吉宗は忠相(東山紀之)に
事態の収束を促す。

自分が元祖と訴え出た三好屋と訴えられた椿屋。

平等に裁くため、忠相はある秘策を繰り出す。

以上が、大岡越前2 あらすじ 5話の紹介でした。

大岡越前2の放送は毎週金曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
ゴールドカードの審査基準 QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。