すべてがFになる あらすじ 最終回 - 2014 秋ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

すべてがFになる あらすじ 最終回

すべてがFになる あらすじ 最終回

武井咲と綾野剛がW主演! 
4年ぶりの共演で師弟コンビに・・・

「すべてがFになる」12月23日(火)は最終回の放送です。

物語はどんな結末となるのか・・・

すべてがFになる あらすじ 最終回の紹介です。

ホテルの部屋で目覚めた萌絵(武井咲)は、真賀田(早見あかり)との面会が夢と現実のどちらだったのか区別がつかない。

犀川(綾野剛)は、萌絵から真賀田と会ったと聞き、行動に出る。

萌絵は、ナノクラフトの社長・理生哉(城田優)が施設内で真賀田をかくまっていると確信し、刑事の芝池(小林隆)と共に理生哉を問い詰めるが、相手にされない。

以上が、すべてがFになる あらすじ 最終回の紹介でした。

「すべてがFになる」の放送は毎週火曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
ゴールドカードの審査基準 QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。